Uncategorized

ブリスベンスクエア図書館のおすすめポイントとは?本の借り方や延滞料金も徹底解説!

こんにちは、みるくです。

本日はオーストラリアのブリスベンにある「スクエア図書館」の本の借り方などをご紹介していきます。

・スクエア図書館(Brisbane Square Library)

・住所:266 George St, Brisbane City QLD 4000

・営業時間:月土(定休)、火~木(9時~18時)、金(9時~19時)、日(10時~15時)

街の中心部に位置しているため、アクセスが良いです。買い物などの用事のついでにふらっと立ち寄れますよ。イスもたくさんあるので、休憩に入るのもおすすめです。

スクエア図書館のおすすめポイント

無料Wi-Fi

ブリスベンは街の中でもWi-Fiが飛んでいることで有名ですが、図書館にももちろんあります。私のスマホだけか分かりませんが、街のWi-FiではLINEが使えなかったです。電話していたのに、Wi-Fiを拾ってしまって聞こえなくなるということがよくありました。

一方で図書館のWi-Fiは快適です!SNSやインターネット、動画でさえも何の問題もなくスムーズに見れます♪ 滞在時間に制限はないので、一日中図書館で涼みながら過ごすことも可能ですね。

私は仕事の空き時間が2~3時間ほどあったので、よく通っていました。

 

テレビやパソコンが使える

テレビを鑑賞するスペースがあったり、パソコンもけっこうな台数あります。パソコンを持っていない方は、レジュメを作成するのにも使えて便利です。しかし使用時間が1日あたり1時間という制限があるので、ある程度やることを考えてから使い始めるといいでしょう。

パソコンを使用する際にもカードナンバーが必要になります。カードを忘れても困らないように、ナンバーだけスマホにメモしておくことをおすすめします。

 

飲食OK

皆自由に飲み物や食べ物を持ち込んでいます。がっつりランチを食べている人はあまり見かけませんが、菓子パンやお菓子を食べている人はけっこう見ますね。図書館の中にお菓子販売機もあるくらいなので、全然食べて大丈夫です。

エスカレーターの近くにゴミ箱も設置してありますので、帰りには手ぶらで帰れます!

 

マナーには気をつけるべし

イスの上に足を乗せていると、係員の人に足を降ろすように声をかけられます。もちろん土足ではなく、靴下ですが私も一度やってしまったことがあります。前にあるイスに足を乗せていたところスタッフから声をかけられました。

「あ、もう一つ使うのは行儀が悪いんだな」とポジティブに解釈した私は、自分の座っているイスに足を乗せて小さく座り直したところ、もう一度声をかけられてしましました(笑)足を家具の上に乗せるという行為自体がダメみたいです。

あくまで図書館なので、大声を出したり走り回ったりするのもNGです。少し話すくらいなら大丈夫ですが、真剣に本を読んだり勉強や仕事をしている人もいるので、常識の範囲内で過ごしましょう。

 

本の借りる方法

何冊まで借りられるの?

スクエア図書館では、本は20冊まで借りることができます。

オーストラリアではスーパーでもセルフレジがかなりの割合を占めていますが、図書館もセルフレンタルの機械が設置してあります。

借り方はとっても簡単です。まず図書館のカードについてるバーコードを、スクリーンの下のスキャンにかざして読み取ります。

そして台の上に本を乗せるだけ。あとは自動で本の名前や冊数など機械が読み込んでくれます!すごい時代ですね。

最後に詳細と借りれる期限がプリントされたレシートが出てくるので、本の間に挟むなどして取っておきましょう。

 

図書館カードの作り方

本を借りるには図書館のカードが必要と聞いていたので、カウンターにいるスタッフの方にカードを作りたい旨を伝えたところ、「水道代の請求書などの住所がわかる郵便物とパスポート持ってる?」と聞かれました。

私はブリスベンに引っ越したばかりだったので、郵便物など何も持っていなく困っていたところ、スタッフの方に銀行のアプリで見れるということを教わりました。

私は「commonwealth bank」の口座を開設していたため、そのアプリを使って住所証明できる!と思ったのもつかの間、登録されていたのは以前の住所だったので、すぐに近くの銀行に行くことに・・その後なんとか住所変更ができ、無事にカード作成にいたりました。

最終的にカードを作成するために必要だったのは、郵便物としてきた住所がわかるもの(光熱費の請求書はシェアハウスに住んでいると難しいので、銀行から来た手紙などでもOK)・パスポート電話番号メールアドレス(図書館からの連絡を受け取れるもの)の4点です。

Commonのアプリは、銀行に行かなくても自分で住所が変えられます。図書館と銀行の往復という二度手間にならないよう、皆さんは賢くやってください(笑)

 

本の返し方

こちらもセルフです。入口の隣の壁にあるポストのような機械に本を流し込むだけ。

1冊ずつという注意書きが書いてあるので、そこだけ気を付けましょう。

延滞料金とお知らせメール

スクエア図書館では本やCD等が28日間借りられます。約一カ月近くあれば読みたい本もじっくり読めますよね!

しかし、じっくり読みすぎて期限内に返すのを忘れてしますと、延滞料金が発生してしまいます。

「レシートなくしちゃった」「いつ借りたか覚えてない・・」という方も、大丈夫です!返却期限が近づくと、図書館からメール(カード作成時に登録したもの宛)が送られてきます!

 

Dear (名前),
Reminder Notice

Your record shows the items below will be due within the next three days.

Items not returned within 14 days after the due date attract an overdue fee of
35 cents per item per day.

Renew these items now via eLibCat at https://library.brisbane.qld.gov.au/

* Log into My eLibCat with your library barcode (beginning with 24) and PIN.
If you do not remember your PIN > Go to “My Account” on  eLibCat to reset your
PIN.
*Click on “My Account” and then “Renew My Checkouts”.
One renewal is allowed per item, however you will be unable to renew items that
are on hold for other customers,
or if fees have reached $10 or more. Please call your library if assistance is
required.

* If you have recently returned these items to a library or book chute, thank
you and please disregard this notice.
_____

これは私が実際に受け取ったメールの一部です。この文章の後には、借りた本の名前がずらーっと書いてありました。期限をすっかり忘れていたので、とても助かったことを覚えています。

延滞料金についても書いてありますね。延滞料金は1冊につき35セント/日 

「なんだ、たったの35セントか」と思いましたか?でもこれは、1冊あたりかつ1日あたりです。仮に8冊借りて5日延滞してしまった場合、35セント×8冊×5日=1,440セント。ドルに直すと14ドル40セントですね。

たかが延滞されど延滞ですね。14ドルあったら本一冊買えてしまします。タダで借りれるのが図書館の良いところなのに、これでは本末転倒ですよね(涙)お金を無駄にしないためにも、期限には気をつけたいところです!

今すぐに確認したい!という方は、(https://library.brisbane.qld.gov.au/)から確認ができます。手元に図書館のカードとPINナンバー(登録時に設定したもの)を用意しておきましょう。

 

以上、スクエア図書館の詳細でした。この記事が少しでも参考になれば幸いです。