Uncategorized

材料は水だけ!パンケーキシェイクとは?オーストラリアで買うべき自炊アイテム!(成分や作り方も解説)

 

こんにちは、オーストラリアでワーホリ中のみるくです。

「自炊が面倒くさいな・・でも外食は高いし・・」という時ってありますよね?ワーホリの方は特に節約したいと思います。そんな時におすすめのアイテムをご紹介します!

それは、パンケーキミックスです!「え、日本にもあるじゃん?」と思われますよね。しかし、私が見つけたのはずぼらさんにはぴったりな商品なんです。

それは、こちら!

 

プラスチック容器に入ったパンケーキミックスです。名前は「Buttermilk Pancake shaker」。(画像はWoolworths公式サイトより)

これの何が優秀かと言いますと、「水を入れて振るだけ」で生地ができてしまうという点です!ボウルやホイッパーなどの器具はいらないので、洗い物も出ません。

しかも卵や牛乳がなくてOK!水だけでできるんです、、素晴らしいですよね!

「Buttermilk Pancake shaker」とは

パンケーキシェイカーと呼ばれるこちらの商品は、日本で言うホットケーキミックスです。日本と違う点は、その名の通りシェイクできる容器で売られていること!

こちらではこの形体は主流なようで、上記の商品のようにスーパーのブランドの他にもいくつか種類があります!

お値段は?

私はWoolworthsで買いましたが、350g入って$1.5でした。Colesの物も見ましたが、値段や容量もさほど変わりませんでした!

このサイズで小さめのパンケーキなら5枚、普通サイズなら3枚ほど焼けます。全部一度に使いきれなくても、フタを閉めて冷蔵庫に入れておけばまた使えるのでとても便利です!

パンケーキミックスの成分は?

小麦粉、砂糖、小麦澱粉、バターミルクパウダー(3%)、分別パーム油、飼育剤(450、500)、固化防止剤(341)、塩

Woolworths公式サイトより

グルテンとミルクのアレルギー表示がされていますので、誰かに食べさせる時は気をつけましょう。卵やルピナスが入っている可能性もあるようです。

少しお値段は上がりますが、オーストラリアらしくオーガニックのパンケーキミックスもあります!有機小麦粉有機ひまわり油などが使われています。健康を意識されている方には嬉しいですね!

栄養成分表

栄養 1回あたりの平均数量 100gあたりの平均数量
エネルギー 約 904.0kJ 約 904kJ
タンパク質 約 4.4g 約 4.4g
脂肪、合計 約 2.2g 約 2.2g
– 飽和 約 1.0g 約 1g
炭水化物 約 43.4g 約 43.4g
– 砂糖 約 15.6g 約 15.6g
ナトリウム 約 314.0mg
  • 約 314mg

Woolworths公式サイトより

kjってなに?」ってなりますよね。私もオーストラリアに来た時分からなくてすぐに調べました。

1kj(キロジュール)=0.239カロリーです。なので、100g使ってパンケーキを焼くと約216カロリーになります。普通の菓子パンやケーキだとあっという間に400カロリーは超えるので、200カロリー代で落ち着くのは嬉しいですね。

簡単すぎる作り方

  1. お水を右上のFullと書いてある場所まで(or350㎖の水を)ボトルに入れます。
  2. キャップをしっかり閉め、1分ほど粉っぽさがなくなるまでしっかりと振ります。
  3. フライパンにバターをしき、できた生地を流し込みます。
  4. フタをして弱火で様子を見つつ、焼き目がついたら裏返してもう一面も焼きます。
  5. お皿にのせ、トッピングを飾ったら完成です!

こんな感じに仕上がりました!トッピングに助けられて、それっぽくおしゃれに見えます!(笑)

トッピングは、デザート用のパンケーキでしたら冷凍で売っているベリーミックス(500g入って$4)やハチミツ、アイスなどがおすすめ。お食事用でしたら、アボカド、トマト、チーズなどが私のお気に入りです。

初パンケーキミックスの感想

  • 日本の物と変わらず美味しい!
  • コスパ最高!
  • 10分かからずに作れる!
  • 卵不使用!水だけでできる!
  • 洗い物はフライパンのみでラクチン!

「材料が水だけ」、そして「振って焼くだけ」というポイントが私には最高でした。高級なパンケーキとまではいきませんが、普段自分で食べる分には十分なパンケーキミックスです!

このパンケーキミックスは常温保存ができるので、「少し甘いものが食べたいな」という時のために常備しておくと便利ですよ!オーストラリアに来た時にはぜひ、試されてみてくださいね♪